サブカルなんて言わせない!

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- |この記事のLink→ | - | -
1日1回 ポチッと一つお願いします! にほんブログ村 アニメブログへ

[終]中二病でも恋がしたい! #12「終天の契約(エターナル・エンゲージ)」感想

感動の最終回!大団円となるか・・・

六花が実家へ帰り本当に大切なモノに気付かされる
凸守さん中二病卒業したらめっちゃ美少女になってますやん!
言葉遣いがまだ戻っていなくてアホっぽいですがこれはこれで・・・
代わりに全ての中二病を身に受けてしまったくみん先輩
これは痛い、アイタタタ・・・だがそれがいい!(ぇ

六花が帰ってこないと知り、覚悟を決め自転車で迎えに行こうとする
過去の痛い時期の勇太を見て感動したってどこ見て思ったんだよw
あえて中二病になっていたとは、その原因である勇太から辞めろと言われるのは辛かっただろう

最後は二人だけの世界を構築し、元に鞘?に戻ったとさ。
うーむ。こういう話なら黙ってキャラ萌えだけに終始していた方が良かったような・・・
あの後、家族さんとは仲良くやっているのかね?
中二病がそこまで深く掘り下げられる事もなく1要素としか扱わなかった事に残念。
他にも色々ほったらかしですが、今のアニメ界ではこれでいーのだと悲観的にもなってみる
話よりかは絵で魅せていく作品でした。


キャスト
富樫勇太  福山潤
小鳥遊六花  内田真礼
丹生谷森夏  赤千夏
五月七日くみん  浅倉杏美
凸守早苗  上坂すみれ
勇太の母  天野由梨
富樫樟葉  福原香織
富樫夢葉  設楽麻美
一色誠  保志総一朗
九十九七瀬  井上喜久子
小鳥遊十花  仙台エリ

[終]中二病でも恋がしたい! |この記事のLink→05:01 | comments(0) | trackbacks(52)
1日1回 ポチッと一つお願いします! にほんブログ村 アニメブログへ

中二病でも恋がしたい! #11「片翼の堕天使(フォーリン・エンジェル)」感想

前回の終わりから眼帯しなくなった決意をする六花 普通の子やな、凡である
個性やらしさ、則ちアイデンティティがなくなっていく
ある意味で勇太が殺したみたいなものだ

中二病を引退して普通の子になろうと努力する
そんな中、相変わらずの凸守さんが健気でかわいい!
無理に常人に染まっていく六花の様子をみて複雑な気持ちの勇太

中二病自体は悪ではないんですよ
成長する上で大事な要素だと思いますし、それを無理矢理に否定しようとするのは痛々しい
自分らしさとは何なのか、自問自答
お墓参りへ行く六花に対して
一緒に行こうとか行って欲しくないとか言えよ!健気な乙女心が分からんやつよのぅ・・・
挙句、凸守へ当たり散らすとかクズか!
昔の自分を見ているようなのか次回最終回にどう持っていくつもりなのか
個性とは一体何なのか、世間を気にしなければいけない世知辛いものです


キャスト
富樫勇太  福山潤
小鳥遊六花  内田真礼
丹生谷森夏  赤千夏
五月七日くみん  浅倉杏美
凸守早苗  上坂すみれ
勇太の母  天野由梨
富樫樟葉  福原香織
富樫夢葉  設楽麻美
一色誠  保志総一朗
九十九七瀬  井上喜久子
小鳥遊十花  仙台エリ

Black Raison d’etre,ZAQ
¥ 1,189
(2012-11-21)

[終]中二病でも恋がしたい! |この記事のLink→04:36 | comments(0) | trackbacks(39)
1日1回 ポチッと一つお願いします! にほんブログ村 アニメブログへ

中二病でも恋がしたい! #10「聖母の…弁当箱(パンドラズ・ボックス)」感想

抱き合ったっていきなり何を言っておるのかこのアマは・・・
偶発的に起きただけなのに 二人にとってそれは大事件なのだ

前回の一件を機に一気に距離を縮め、意識するようになる
もう普通の初々しいカップルじゃないかね
先に切り出したのは六花、次いで勇太も男らしく告白するも締まらない
別に恋愛に形はない、世間からみたらオカシク見えるかもしれないが彼らなりのやり方がある

これにてハッピーエンド!と思いきや
やはり付きまとってくる父親の一件
十花が居なくなる未来、果たして六花はやっていけるのだろうかと心配になる
その説得する任を勇太にするなんて十花さんも憎いのぅ
過去の中二病時代の傷をえぐり合うのは見てて恥ずかしいわな

中二病が俗世間の歌を歌っちゃうとかキャラ的に大丈夫なのか!いや名曲ですけど・・・
そこはパンクとかいっちゃえばいいのに

今後、忘れるためにも中二病へ逃げても仕方がない
勇太は自分がそれを知っている、経験しているだけに決別の辛さを知っている
はようあんたら付き合って父親の事忘れるぐらい幸せになりなさいよ


キャスト
富樫勇太  福山潤
小鳥遊六花  内田真礼
丹生谷森夏  赤千夏
五月七日くみん  浅倉杏美
凸守早苗  上坂すみれ
勇太の母  天野由梨
富樫樟葉  福原香織
富樫夢葉  設楽麻美
一色誠  保志総一朗
九十九七瀬  井上喜久子
小鳥遊十花  仙台エリ

Black Raison d’etre,ZAQ
¥ 1,189
(2012-11-21)

[終]中二病でも恋がしたい! |この記事のLink→01:15 | comments(0) | trackbacks(41)
1日1回 ポチッと一つお願いします! にほんブログ村 アニメブログへ

中二病でも恋がしたい! #9「混沌の…初恋煩(カオス・ハート)」感想

前回のお家騒動?とは何だったのか・・・
とりあえず一旦保留ということで性急な解決は難しそうですからね

丹生谷さんは部活にやけにやる気になってるじゃん
この子の行動原理がいまいちよく分からないぞ?
変な集団に染まった残念な子って称号しか得られないような・・・

やる気があるとは反対に、勇太から避けようと疎遠になっていく六花
それを見てこれは恋だと察知する丹生谷さん
こういうのは女性は勘がいいですからね、面白そうにからかっていますね
恥ずかしがる六花ちゃんかわいい!

そこから六花の恋を手助けするのですがことごとく失敗
夜の森で中二病が発動しなかったのはただの恋する女の子になってしまった暗喩か
最後の手段に吊り橋効果を狙って屋上で会話をしますが落ちそうになるってギャグか!
奇しくも二人の存在を改めて確かめ合ったということでしょうか

六花が牙の抜けた狼のように魅力がなくなってゆく・・・
中二病があんまり関係なくて普通の恋愛モノになってしもうた・・・
中二病ですら凌駕する病でありますな
タイトルに、にじり寄ってはきましたね


キャスト
富樫勇太  福山潤
小鳥遊六花  内田真礼
丹生谷森夏  赤千夏
五月七日くみん  浅倉杏美
凸守早苗  上坂すみれ
勇太の母  天野由梨
富樫樟葉  福原香織
富樫夢葉  設楽麻美
一色誠  保志総一朗
九十九七瀬  井上喜久子
小鳥遊十花  仙台エリ

[終]中二病でも恋がしたい! |この記事のLink→01:14 | comments(0) | trackbacks(43)
1日1回 ポチッと一つお願いします! にほんブログ村 アニメブログへ

中二病でも恋がしたい! #8「二人だけの…逃避行(エグザイル)」感想

衝撃の事実を知り、うなだれる六花 何とか分からせ諭す十花
現実はかくも非情なり、思わずその場から逃げてしまう六花
元中二病だった勇太はその気持ちが誰よりも分かる。さぁここからは君の出番だぞ

電車に乗り込み学校へ戻ろうとする六花に気付き、間一髪で一緒に乗り込む勇太
結局、逃げじゃないか!何の解決もしとらん
くみんさんは天然キチだったか・・・今時こんなの居ねぇよ
アニメでしか許されないキャラは中二病ではなく、くみん先輩だったか

流れで勝手に帰っちゃったので二人っきりで一晩を過ごすことに。
一方で、一色くんはくみん先輩といい雰囲気の夜のお散歩
しかし一方的に振られるのであった、あのキャラで勝手に帰っちゃうとか相当ダメだったんだろうな

勇太は特に諭す方向へ誘導する訳でもなくただ、のんび〜り過ごす
いい雰囲気になるも六花はまだまだおこちゃまだったのかな?
前回から何も動いていない、むしろ状況が悪化しているとも言える
勇太くんはこんな弱った女の子を狙って恥ずかしくないのか!
このままでは良い訳がないので、ゆくゆくは六花さんには辛い現実を知ってもらいましょう


キャスト
富樫勇太  福山潤
小鳥遊六花  内田真礼
丹生谷森夏  赤千夏
五月七日くみん  浅倉杏美
凸守早苗  上坂すみれ
勇太の母  天野由梨
富樫樟葉  福原香織
富樫夢葉  設楽麻美
一色誠  保志総一朗
九十九七瀬  井上喜久子
小鳥遊十花  仙台エリ

[終]中二病でも恋がしたい! |この記事のLink→02:15 | comments(0) | trackbacks(41)
1日1回 ポチッと一つお願いします! にほんブログ村 アニメブログへ

中二病でも恋がしたい! #7 追憶の…楽園喪失(パラダイス・ロスト)

服装でその人となりが分かるってもんですよ
中二病の人ってゴスロリ着てるイメージですわな

みんなでキャッキャウフフのダブルデートもとい旅行か
乗り物酔いしてる凸守ぶっさいくやなぁww
今回は小鳥遊家の実家に帰るついでみたいですが何故か上の空の六花

着いたのは辺鄙など田舎 中二病とはかけ離れた実家、海賊ごっこって・・・
親類との会話でなんとなく察しが付きそうなものだが。
六花は思う所があり勇太を連れて至るところで逃げようとするが。

親を亡くしていたのね、そりゃこんな情緒不安定なキチ○イな子が生まれるのね
十花さんの乳に恐れをなしてチーズ食うとか二重に失礼な気が・・・
隠れて逃げようとする六花の場所にタライを設置する、姉ちゃん上手だな
勇太に飛び込み綺麗なシーンの筈だが手前の草に引っかかるのは絶対なのねw

自分がかつて住んでいた両親との思い出の家にたどり着くもそこは既に売り地に出されていた
現実逃避の末、現在のような中二病になってしまったのか・・・
中二病を演じている違う自分の時だけでも安らげるのなら・・・
お姉ちゃんと、どうのこうのした所でどうしようもないからね
六花はこれまでの痛々しい中二病のシーンがひっくり返って悲しいシーンに見えてくる
水着回のハズなのに辛い辛い

こればっかりは勇太くんが六花を説得するしかないね
六花は泣いてる時点でこのままじゃダメだと気づいているとは思いますが。
今回の勇太くんが一連して都合のいいように動いているだけで面白くないのがなぁ


キャスト
富樫勇太  福山潤
小鳥遊六花  内田真礼
丹生谷森夏  赤千夏
五月七日くみん  浅倉杏美
凸守早苗  上坂すみれ
勇太の母  天野由梨
富樫樟葉  福原香織
富樫夢葉  設楽麻美
一色誠  保志総一朗
九十九七瀬  井上喜久子
小鳥遊十花  仙台エリ

Black Raison d’etre
¥ 1,200
(2012-11-21)

[終]中二病でも恋がしたい! |この記事のLink→01:04 | comments(0) | trackbacks(48)
1日1回 ポチッと一つお願いします! にほんブログ村 アニメブログへ

中二病でも恋がしたい! #6「贖罪の…救世主(イノセント)」感想

美術の時間でこそ中二病が発揮する!
妄想を大義名分で具現化出来ますからね

一色くんはラブレターを貰うも誰か分からない
丹生谷さんからとテンションが上がる所は見てるとお花畑ですなー
部室で本性を現した丹生谷を目撃してしまった一色くん
結果、中身が知れて勉強になって良かったじゃないですか。

一色特製の女子ランク付けの手帳を落としてしまいそれが女子陣にバレてしまい・・・
そりゃ女子はカンカンに怒りますわ、しかし別に笑って見過ごすぐらいしたらいいのに・・・
クラスで弾劾している時の丹生谷さんは若干素が出ているような・・・
潔く自分一人にだけ罪を被り男らしく頭を丸めるなんて言っちゃうもんだからあぁ・・・
相当の覚悟を持って丸めた一色くん、カッコイイやん
魔法陣で光るってのは伏線だったのか(ぇ
ラブレターの主出てこないんかい!有耶無耶やないか、いまいちスッキリしないな

今回はうーむ、あんまり部活動メインじゃなかったしネタ切れ感があって微妙だったかなぁ・・・
中二病描写も食傷気味というか話の広がりにも限界が見えてきたか
小鳥遊姉の依頼とは?一応次回に繋げました
もうすぐ夏がくるって二回言ってないか?現実ではもうすぐ冬だよ!
水着回を期待してまた来週〜


キャスト
富樫勇太  福山潤
小鳥遊六花  内田真礼
丹生谷森夏  赤千夏
五月七日くみん  浅倉杏美
凸守早苗  上坂すみれ
勇太の母  天野由梨
富樫樟葉  福原香織
富樫夢葉  設楽麻美
一色誠  保志総一朗
九十九七瀬  井上喜久子
小鳥遊十花  仙台エリ

[終]中二病でも恋がしたい! |この記事のLink→01:01 | comments(0) | trackbacks(51)
1日1回 ポチッと一つお願いします! にほんブログ村 アニメブログへ

中二病でも恋がしたい! #5「束縛の…十字架(ハード・スタディ)」感想

学生の本分は学業にあり 勉強を疎かにすると同好会は解散!
ロクな活動してないから別にいいやん・・・丹生谷さんに同意だわ

掛け算に別のイメージをするのが何となく分かる
7×8 でほとんと10に近い二つが掛けたら56とか未だに信じられへん
凸守さん中二病っていうかただのおこちゃまって感じだよね
しかしそんな凸守さん学年トップとか・・・学歴高い人は新興宗教にハマりやすいというから(ぇ

プール掃除をして評価を上げようとしても失敗
富樫一家は勇太くんに精一杯の温かい目を向けている家族愛が伺いしれますね
結局正攻法で勉強をすることに それでも何とか苦手な数学から逃げようとする小鳥遊さん
メルアド教える人居ないぐらい寂しい子だったのか
アメ作戦で一週間なんとか勉強をし、テスト本番!
平均点が低かった事によりなんとかノルマ達成
いまいちスッキリとしない展開でしたがよしとするか
勇太が授けたアドレス名 Black Raison d'êtreはEDのアーティスト名だったか

ただ単に二人で勉強して良かったーというだけの話な気がしないでもない
前回の盛り上がりとは何だったのか・・・
普通のラブコメに収まりつつある、凡作止まりかどうかはここ数話で決まりそうだ
小鳥遊姉の帰りが遅いから一人遊びして妄想盛んな幼少期だってのは分かった


キャスト
富樫勇太  福山潤
小鳥遊六花  内田真礼
丹生谷森夏  赤千夏
五月七日くみん  浅倉杏美
凸守早苗  上坂すみれ
勇太の母  天野由梨
富樫樟葉  福原香織
富樫夢葉  設楽麻美
一色誠  保志総一朗
九十九七瀬  井上喜久子
小鳥遊十花  仙台エリ

Black Raison d’etre
¥ 1,200
(2012-11-21)

[終]中二病でも恋がしたい! |この記事のLink→01:03 | comments(0) | trackbacks(50)
1日1回 ポチッと一つお願いします! にほんブログ村 アニメブログへ

中二病でも恋がしたい! #4「痛恨の…闇聖典(マビノギオン)」感想

丹生谷さんが謎の参戦で晴れて部活動が成立した、いやしてしまった辛い現実
下心満載の思春期まっしぐら男子はどこへいく

床に魔法陣の光を出す装置はそれっぽいな(笑
好意を持ちたい相手に元中二病を隠したいのにどんどんバレそうになり・・・
たいして丹生谷さんはビッチなのか!思わせぶりな態度を見せつけてくる、男慣れしてるな
いきなり男の家に上がり込んじゃう女の子って・・・

普通な子じゃないと思いつつも部屋で一人になるといきなり部屋荒らし
丹生谷さんも元中二病かよ! こいつも同じ境遇だったのか
急にぶりっこから腹黒キャラに変わったな こういう人間臭いキャラは見てて好感が持てる
共感を得て好意をもらおうと過去を軽く暴露するも「寒っ」の一言
富樫くんスケベ心はずっと隠しもっとけよ!

過去の自分の写し鏡である凸守との対峙はある意味タイムスリップしているかのよう
どうやって自分のように中二病と決別してくれるのか
面白くはなってきたが ますます富樫くんの立場が無くなってきた・・・いらなくね?
部活としては目立たないほうがいい二人だが
活動行動により余計に目立ってしまうというギャップが面白くなってくるのかな


キャスト
富樫勇太  福山潤
小鳥遊六花  内田真礼
丹生谷森夏  赤千夏
五月七日くみん  浅倉杏美
凸守早苗  上坂すみれ
勇太の母  天野由梨
富樫樟葉  福原香織
富樫夢葉  設楽麻美
一色誠  保志総一朗
九十九七瀬  井上喜久子
小鳥遊十花  仙台エリ

[終]中二病でも恋がしたい! |この記事のLink→02:22 | comments(0) | trackbacks(47)
1日1回 ポチッと一つお願いします! にほんブログ村 アニメブログへ

中二病でも恋がしたい! #3「異端なる…双尾娘(ツインテール)」感想

クラスの人間関係も構築されつつあるこの頃
トマトが嫌いなので食べて上げると間接キス&あーんってやつね
普通のイチャラブ系やないか

中二病の部活動を設立することを強要する 結果手伝う流れになる
昼寝部との合同で余計に近寄り難いものに・・・
色々なクラブに手を出しちゃう小鳥遊さん、チア部は素人にスタンツ上げるなよ・・・
演劇部の即興劇は性に合ってるんじゃないかね、素に近いでしょう

新たな中二病女が登場 あっ!こいつもバカだ!
部活動で人が足りないからって二重人格で乗り切ろうとし
マヌケにも失敗する、恥ずかしい所はカワイイ
活動内容を問わずに同好会として部室を上げるとかちょろい学校だ
今回も仮想世界でのバトルには力が入ってますけど観てるこっちは( ゚д゚)ポカーン
憧れだった丹生谷さんがまさかの部活動参戦で本格始動!?

話的にはスローすぎる既視感のある展開、あざとい女性キャラばかりで少々退屈かなと
丹生谷さんがいいスパイスになってくれればあるいは・・・
部活を作って女の子とイチャイチャって流れは鉄板なのか?うーむ どうしたものか・・・
押しても引いても何も生まれなさそうな閉塞感
クラスのみんながもう少し引いてくれたらいいけど丹生谷さん入っちゃったからなー
これで羨望だけど近寄り難い不気味な存在という位置づけが確立された


キャスト
富樫勇太  福山潤
小鳥遊六花  内田真礼
丹生谷森夏  赤千夏
五月七日くみん  浅倉杏美
凸守早苗  上坂すみれ
勇太の母  天野由梨
富樫樟葉  福原香織
富樫夢葉  設楽麻美
一色誠  保志総一朗
九十九七瀬  井上喜久子
小鳥遊十花  仙台エリ

[終]中二病でも恋がしたい! |この記事のLink→03:03 | comments(0) | trackbacks(53)
1日1回 ポチッと一つお願いします! にほんブログ村 アニメブログへ
| 1/2PAGES | >>

ラジオ、始めました。
ラジオの掲示板

秋ぐらいに

放送リンク
今期アニメ視聴予定表
subcul 70がボーダー




■Fate/stay night Unlimited Blade Works
感想・考察はここ
■涼宮ハルヒの消失
感想・考察はここ



ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人さんが
毎週水曜日23:00〜生ラジオや
ポッドキャスト放送をしております
アニメについて熱く語っていたり
様々なコーナーを催しております
ぜひぜひ聞いてみてください!

カレンダー
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>
アーカイブ

OTHERS


TOPにある画像はフリー画像より
利用させて頂いています
著作権につきましては
著作権者に帰属します
2007/03/15開設
前サイト2005/10/4開設




相互リンク大募集!ブログパーツ
TB・コメントも気軽にどうぞ
プロフィール
最新記事
リンク
カテゴリー
最新コメント
  • ダンガンロンパ 希望の学園と絶望の高校生 The Animation #6「CHAPTER 03 新世紀銀河伝説再び!装甲勇者よ大地に立て!(非)日常編」感想
    subcul (08/10)
  • ダンガンロンパ 希望の学園と絶望の高校生 The Animation #6「CHAPTER 03 新世紀銀河伝説再び!装甲勇者よ大地に立て!(非)日常編」感想
    名無しん (08/10)
  • [終]はたらく魔王さま! #13「魔王と勇者、真っ当に仕事に励む」感想
    アニメ調査室(仮) (07/13)
  • とある科学の超電磁砲S #8「Item(アイテム)」感想
    subcul (06/02)
  • とある科学の超電磁砲S #8「Item(アイテム)」感想
    AlanSmithee (06/02)
  • とある科学の超電磁砲S #8「Item(アイテム)」感想
    subcul (06/01)
  • とある科学の超電磁砲S #8「Item(アイテム)」感想
    サルサ (06/01)
  • リトルバスターズ! #24「鈴ちゃんが幸せならわたしも幸せだから」感想
    subcul (03/25)
  • リトルバスターズ! #24「鈴ちゃんが幸せならわたしも幸せだから」感想
    東洋 (03/25)
  • たまこまーけっと #11「まさかあの娘がプリンセス」感想
    subcul (03/21)
最新トラックバック
"カウンター"
[PR] <自動車保険 比較>