サブカルなんて言わせない!

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- |この記事のLink→ | - | -
1日1回 ポチッと一つお願いします! にほんブログ村 アニメブログへ

たまこまーけっと #12「今年もまた暮れてった」感想

王子もやってきて、さぁ一波乱を期待する所
メッチャモチマッヅィってこれまた酷い名前だ
これでたまこは意識せざるを得ない状況に立たされた訳だが果たして・・・

たまこには自分の心境を整理する時間が必要だ
生まれた時から餅屋で、商店街のみんなに育てられ、ここで大きくなった思い出が詰まった場所
そんな娘が遠い異国の地に嫁ぐわけもなく勇気を出してお断りをする
結局双方勘違いで元から話は無かったことに。あっけない幕切れであった

王子とチョイは国に帰り、デラは居残りとお約束展開になるかと思いきや
デラも静かに去っていく ・・・と思いきや
感動的な再会でやっぱり元の鞘に戻っちゃいましたね


お約束にお約束、先の読みやすい展開の劇という事で
これは某関西の新喜劇か何かか? 構成・人物配置ともどもそれにしか見えないッスよ・・・
真新しい発見も無く、やはり今ひとつという印象は拭えない・・・
群像劇にするには話が続かず、中途半端な日常系という様相
視聴者の補完ありきであれば面白かったのだろうか?個人的には物足りなかったですね・・・


キャスト
北白川たまこ  洲崎綾
常盤みどり  金子有希
牧野かんな  長妻樹里
鳥  山崎たくみ
北白川あんこ  日高里菜
大路もち蔵  田丸篤志
朝霧史織  山下百合恵
北白川豆大  藤原啓治
北白川福  西村知道
大路吾平  立木文彦
大路道子  雪野五月
「フローリスト プリンセス」花瀬かおる  小野大輔
「星とピエロ」八百比邦夫  辻谷耕史
「うさ湯」湯本長治  津久井教生
「ジャストミート」満村文子  渡辺久美子
「トキワ堂」常盤信彦  家中宏
「さしみ」魚谷隆  成田剣
「さしみ」魚谷真理  日笠陽子
「清水屋」清水富雄  川原慶久
「みやこうどん」白木忠直  野坂尚也
王子  下野紘
チョイ  山岡ゆり

[終]たまこまーけっと |この記事のLink→01:03 | comments(0) | trackbacks(37)
1日1回 ポチッと一つお願いします! にほんブログ村 アニメブログへ

たまこまーけっと #11「まさかあの娘がプリンセス」感想

鳥がお妃探しに奔走する前の回想
人によって態度を変えるクズっぷりは健在
サボりぐせもこの頃からか

たまこがお妃候補という噂は小さい商店街にはあっという間に広まる
立場は変わりそうなものでも本人の核となる部分は何ら変わらない
周りは否が応にも盛り上がるが当の本人は普段と何ら変わらない生活

王子とのテレビ会話で周囲の反応はどんどん大げさになっていく
たまこは地元が好きなだけにそのギャップは悲しいものに映る
周りもたまこの幸せを願っての行動だけに無下に出来ないし・・・
そんな狭間に揺れ動く乙女のたまこですが目の前には何と王子が現れた!
たまこの返事一つではすぐにでも縁談が決まるだけにどうなるのか?
そんなことよりもメガネたまこかわいい!

いやいや、視聴者的にはですね、
ここまで11話も商店街が大好きなたまこを延々と見せつけられてきたわけで・・・
結婚するわけないだろうって感じなのですがどうなんでしょうか
ここまでの話の比重から考えても到底結婚するとは思えませんし。
そのためにこれまでの話で犠牲になったテンポや中々進まない脚本にもまだ納得出来ますしね
そもそもフラグとして王子はまだ若い点、チョイの心境がまだ分からない点
答えは自ずと出てきそうなものです。

気になったのはメダルは王子が盗んでて しれっと自分が見つけた体で差し出してたなら、とんだ策士ですが・・・


キャスト
北白川たまこ  洲崎綾
常盤みどり  金子有希
牧野かんな  長妻樹里
鳥  山崎たくみ
北白川あんこ  日高里菜
大路もち蔵  田丸篤志
朝霧史織  山下百合恵
北白川豆大  藤原啓治
北白川福  西村知道
大路吾平  立木文彦
大路道子  雪野五月
「フローリスト プリンセス」花瀬かおる  小野大輔
「星とピエロ」八百比邦夫  辻谷耕史
「うさ湯」湯本長治  津久井教生
「ジャストミート」満村文子  渡辺久美子
「トキワ堂」常盤信彦  家中宏
「さしみ」魚谷隆  成田剣
「さしみ」魚谷真理  日笠陽子
「清水屋」清水富雄  川原慶久
「みやこうどん」白木忠直  野坂尚也
王子  下野紘
チョイ  山岡ゆり

[終]たまこまーけっと |この記事のLink→01:16 | comments(1) | trackbacks(40)
1日1回 ポチッと一つお願いします! にほんブログ村 アニメブログへ

たまこまーけっと #10「あの子のバトンに花が咲く」感想

文化祭 青春ですね
見てくれる人数を左右する演目順はお昼前の絶好の時間帯
どうせやるなら多くの人に見て貰いたい
準備や考える時間が一番楽しいものです

みどりは自ら脚本を志願したがアイデアが全然思いつかない
順調と嘘を付いて後ろめたい感じ。素直になれないキャラにありがち
時計塔から落ちるっていうとジャッキー・チェン 嫌な予感しかしない・・・
誰かが悩んでいても商店街一同で心配する温かい雰囲気は羨ましい

女の子がトイレに行くのでショックを受けるとか昔のアイドル崇拝かっ
周りがみどりの心配をする中、熱と仮病で休むようになる 逃げていても仕方がない
お見舞いで来たみんなにアイデアが浮かばない事を打ち明ける
涙の出方が情緒不安定がキマってるみたい
ワンマンプレーじゃなくチームで何かを作る日本の考え方にあった落し所
バトンの衣装かわえええええ!!! チョイの技術は南国生まれの筈なのに素晴らしい
首のホクロを見て嫁候補に意図せずに踊り出るたまこ
展開が急すぎで見てるこっちの情緒が不安定になるぅ

今回はみどりの心境に一貫していたのでわかり易かった
もち蔵との関係や映画研の作品がどうなったのか気になる所ではある
チョイのお妃候補に衣装を作るというフラグを一話で完結させてしまった恐ろしさ


キャスト
北白川たまこ  洲崎綾
常盤みどり  金子有希
牧野かんな  長妻樹里
鳥  山崎たくみ
北白川あんこ  日高里菜
大路もち蔵  田丸篤志
朝霧史織  山下百合恵
北白川豆大  藤原啓治
北白川福  西村知道
大路吾平  立木文彦
大路道子  雪野五月
「フローリスト プリンセス」花瀬かおる  小野大輔
「星とピエロ」八百比邦夫  辻谷耕史
「うさ湯」湯本長治  津久井教生
「ジャストミート」満村文子  渡辺久美子
「トキワ堂」常盤信彦  家中宏
「さしみ」魚谷隆  成田剣
「さしみ」魚谷真理  日笠陽子
「清水屋」清水富雄  川原慶久
「みやこうどん」白木忠直  野坂尚也
王子  下野紘
チョイ  山岡ゆり

[終]たまこまーけっと |この記事のLink→01:07 | comments(0) | trackbacks(43)
1日1回 ポチッと一つお願いします! にほんブログ村 アニメブログへ

たまこまーけっと #9「歌っちゃうんだ、恋の歌」感想

豆大福ってあんまり好きじゃないんですよね
豆大って略し方は普通しないでしょ、わざとだこの女
いちご大福美味しいじゃん!定番も大事だけど流行に乗らないと潰れちゃうよ

しれっと元の体型に戻ってる鳥
今回は転向しちゃう男の子に素直になれないあんこちゃんの話
そこまで熱烈なラブコールとか今まで無かったのにどうでもいいやん
こうも男の匂いを露骨にさせてくるとは逆に新鮮ですな
「かんなちゃんガンガンお餅突いてくれそう」下ネタに聞こえて仕方がない(ぇ

流石にこの時代に、いくら隣同士だからって糸電話は無いでしょ!
ついに餅の日、商店街で大きく取り上げるんですね
ちょいの踊りがちょっとエロイ
ちょいの餅を咥えたほっぺがカワイイ!

中にあんこが入ってるってやらしく聞こえたのは自分だけでしょうか
お父さんにもバンドという青春時代があったんだ。
亡くなった母が歌っていたのは子どもたちが知らない両親の青春の匂いでしたね
最後はちょっぴりセンチメンタルな終わり方でしたね

餅の日ってなんだったんだよ
うーん、個々のエピソードはまだいいとしてそれぞれに関連性がなさ過ぎて・・・
回を重ねるごとにそことの乖離が激しくなってきた
登場キャラクターが少ないのが幸いだが、群像劇として見るには何かが足りないような気もする


キャスト
北白川たまこ  洲崎綾
常盤みどり  金子有希
牧野かんな  長妻樹里
鳥  山崎たくみ
北白川あんこ  日高里菜
大路もち蔵  田丸篤志
朝霧史織  山下百合恵
北白川豆大  藤原啓治
北白川福  西村知道
大路吾平  立木文彦
大路道子  雪野五月
「フローリスト プリンセス」花瀬かおる  小野大輔
「星とピエロ」八百比邦夫  辻谷耕史
「うさ湯」湯本長治  津久井教生
「ジャストミート」満村文子  渡辺久美子
「トキワ堂」常盤信彦  家中宏
「さしみ」魚谷隆  成田剣
「さしみ」魚谷真理  日笠陽子
「清水屋」清水富雄  川原慶久
「みやこうどん」白木忠直  野坂尚也
王子  下野紘
チョイ  山岡ゆり

[終]たまこまーけっと |この記事のLink→01:05 | comments(0) | trackbacks(37)
1日1回 ポチッと一つお願いします! にほんブログ村 アニメブログへ

たまこまーけっと #8「ニワトリだとは言わせねぇ」感想

例え鳥であってもケツの穴はイカンでしょ

そのあまりに太った風体に危機感を覚えダイエットを敢行する
商店街のみんなに協力してもらい餌?を与えないようにする
鳥の包囲網が着々と進み、外堀が埋まっていく様は寂しい
ダイエットの辛さは個人的には分からないんですけど
基本的には自分との戦いですから、甘々なこんな鳥にはこれぐらいが丁度良い

チョイが当たり前のように学校に潜入
部活では裸足 色々と付き合わせて可哀想に見えてきた
オシャレに気合いを入れる一同 チョイちゃんかわええ
健康的な褐色の肌は魅せるためにあるんだろうが!(ぇ

鳥の体はリバウンドするってオチじゃないんかよ・・・
次週に向けて当たり前のように戻ってるのかな
これ一話丸々使ってまでやる価値があったのか?これで終わりって・・・
ギャグなのかイマイチ分からんなぁ・・・未だにスタンスが掴み切れない
今回はかんなの天然キャラが光る大活躍の回でした
王子のプロジェクターも小出しで関連性もないもんだから見ていて辛いわね


キャスト
北白川たまこ  洲崎綾
常盤みどり  金子有希
牧野かんな  長妻樹里
鳥  山崎たくみ
北白川あんこ  日高里菜
大路もち蔵  田丸篤志
朝霧史織  山下百合恵
北白川豆大  藤原啓治
北白川福  西村知道
大路吾平  立木文彦
大路道子  雪野五月
「フローリスト プリンセス」花瀬かおる  小野大輔
「星とピエロ」八百比邦夫  辻谷耕史
「うさ湯」湯本長治  津久井教生
「ジャストミート」満村文子  渡辺久美子
「トキワ堂」常盤信彦  家中宏
「さしみ」魚谷隆  成田剣
「さしみ」魚谷真理  日笠陽子
「清水屋」清水富雄  川原慶久
「みやこうどん」白木忠直  野坂尚也
王子  下野紘
チョイ  山岡ゆり

[終]たまこまーけっと |この記事のLink→01:00 | comments(0) | trackbacks(35)
1日1回 ポチッと一つお願いします! にほんブログ村 アニメブログへ

たまこまーけっと #7「あの子がお嫁に行っちゃった」感想

何やら騒がしい子がやってきた
開始早々普通に対応してる両者の適応力の高さに唖然
鳥の王家の嫁探しの話はウソではなくて本当だったのね
どっぷりとたまこ家に浸ってましたけどね
占い師にすぎないチョイではあるがこの子が后になれば・・・と誰もが思う
チルチルとミチルよろしく今作では白い鳥が無駄な努力ではあるがそれを見つける話なのかな

鳥に騙されていたとウソを付いて信じるチョイ
商店街のみんなは良い人そうで戸惑う
様々な行いによって誤解は解けて鳥のウソがバレる
周りのみんなが良い人ばかりだからこそのスピード解決であった

后にたまこが選ばれて戸惑いながらも商店街がいいから残るって感じなりそうではある
チョイが馴染むのも人懐っこいたまこの性格もあり時間の問題だろう
新キャラクターが出た割にストーリーが一貫して読みやすく
起伏があまりないのっぺりとした展開だったので
この先、どうやれば盛り上がるのだろうか・・・
ちょいちょい挟んでくるアフロの男の話も誰が見たいんだろうか?


キャスト
北白川たまこ  洲崎綾
常盤みどり  金子有希
牧野かんな  長妻樹里
鳥  山崎たくみ
北白川あんこ  日高里菜
大路もち蔵  田丸篤志
朝霧史織  山下百合恵
北白川豆大  藤原啓治
北白川福  西村知道
大路吾平  立木文彦
大路道子  雪野五月
「フローリスト プリンセス」花瀬かおる  小野大輔
「星とピエロ」八百比邦夫  辻谷耕史
「うさ湯」湯本長治  津久井教生
「ジャストミート」満村文子  渡辺久美子
「トキワ堂」常盤信彦  家中宏
「さしみ」魚谷隆  成田剣
「さしみ」魚谷真理  日笠陽子
「清水屋」清水富雄  川原慶久
「みやこうどん」白木忠直  野坂尚也
王子  下野紘
チョイ  山岡ゆり

[終]たまこまーけっと |この記事のLink→00:21 | comments(0) | trackbacks(37)
1日1回 ポチッと一つお願いします! にほんブログ村 アニメブログへ

たまこまーけっと #6「俺の背筋も凍ったぜ」感想

人気のない商店街 シャッター街も間近である
季節外れの納涼、肝試しのお話

人気があまりになさ過ぎて人を呼ぼうと話題作りにお化け屋敷を画策するたまこ一同
逆転の発想ですね、これも商店街の為に全力を掛けて素朴に行動するたまこ
そんなこんなで盛り上げていた所、商店街では本当におばけが出てきたとの噂が広まる
たまこの想像外の事で期待が徐々に大きくなってくる

うらめしております という謳い文句は一度は言ってみたいものだ
先生の反応がお約束である
大盛況の成功で終わったお化け屋敷だったが功を奏したのが鳥を使っての噂作りであった
頑張っている、真面目にやっている、純粋な人には影で誰かが見てくれている
現実では残念ながらあまり感じられない徳や恩恵ですが
それらがストーリーとして体現されるのは見ていてスッキリしますね

最後に鳥の変な能力の小出しにより新キャラがやってくる事を示唆
鳥の身の上話が進むみたいですね
これもまた個性が強いキャラクターなんでしょう
たまこはどんなキャラクターでも受け入れ、友達になれる性格だからその辺は安心
そもそも喋る鳥を普通に受け入れた商店街の人だもの、その心配は野暮というものだ


キャスト
北白川たまこ  洲崎綾
常盤みどり  金子有希
牧野かんな  長妻樹里
鳥  山崎たくみ
北白川あんこ  日高里菜
大路もち蔵  田丸篤志
朝霧史織  山下百合恵
北白川豆大  藤原啓治
北白川福  西村知道
大路吾平  立木文彦
大路道子  雪野五月
「フローリスト プリンセス」花瀬かおる  小野大輔
「星とピエロ」八百比邦夫  辻谷耕史
「うさ湯」湯本長治  津久井教生
「ジャストミート」満村文子  渡辺久美子
「トキワ堂」常盤信彦  家中宏
「さしみ」魚谷隆  成田剣
「さしみ」魚谷真理  日笠陽子
「清水屋」清水富雄  川原慶久
「みやこうどん」白木忠直  野坂尚也

[終]たまこまーけっと |この記事のLink→01:17 | comments(0) | trackbacks(41)
1日1回 ポチッと一つお願いします! にほんブログ村 アニメブログへ

たまこまーけっと #5「一夜を共に過ごしたぜ」感想

水着回か〜スク水があざとい
女性を美しく見せる衣装だよね

プールで泳ぐのを誘われて一喜一憂悶々とする男子は分からんでもない
それを見透かす鳥の煽りがまた達観しているというか
たまこはド天然なので他意は無いみたいですがそこが重要
従来、男の影を見せるだけで反発はあるモノですが
この作風とたまこの性格を見るに成就しないことが分かっているので
視聴者にはどこか安心感というのがある

みどりともち蔵
こっちの方がお似合いと思う、鳥も言及していたし
そうそう、そうしてフェードアウトして丸く収まった方がいいんだよ
商店街を血で血を洗う骨肉の戦いにならずに済む(ぇ
今回は珍しく男性、もち蔵メインで進みましたね
ある意味で視聴者の代わりと言いますか
好きだけど声は掛けられずにグダグダという姿勢に日常系の引力のようなモノを垣間見た

みどりもそっちの気があるような感じでしたがそれが叶ってしまうと
餅屋がたまこの世代で終わってしまいますからね・・・あっ、あんこちゃんが居たか!
鳥の狂言回しの役割が大きくなりつつある


キャスト
北白川たまこ  洲崎綾
常盤みどり  金子有希
牧野かんな  長妻樹里
鳥  山崎たくみ
北白川あんこ  日高里菜
大路もち蔵  田丸篤志
朝霧史織  山下百合恵
北白川豆大  藤原啓治
北白川福  西村知道
大路吾平  立木文彦
大路道子  雪野五月
「フローリスト プリンセス」花瀬かおる  小野大輔
「星とピエロ」八百比邦夫  辻谷耕史
「うさ湯」湯本長治  津久井教生
「ジャストミート」満村文子  渡辺久美子
「トキワ堂」常盤信彦  家中宏
「さしみ」魚谷隆  成田剣
「さしみ」魚谷真理  日笠陽子
「清水屋」清水富雄  川原慶久
「みやこうどん」白木忠直  野坂尚也

[終]たまこまーけっと |この記事のLink→01:50 | comments(0) | trackbacks(41)
1日1回 ポチッと一つお願いします! にほんブログ村 アニメブログへ

たまこまーけっと #4「小さな恋、咲いちゃった」感想

餅屋の、いや商店街の看板娘 あんこちゃん
うーむ、あざとい あざとすぎる だがそれがいい
今更ながら「あんこ」という名前はまだいいとして「たまこ」って名前はないな・・・

商店街はお祭りムード、人の集まる賑やかさってのは準備が一番楽しい
人が沢山来るほどの商店街の規模だったのね。シャッター街の寂れた所だとばかり
活気の良さがたまこの元気に繋がっているように見えますね
そして前回の一件から普通に朝霧さんが友達としてフェードインしている様は見ていて嬉しかったり

あんこには憧れの男の子が居た。そうそう普通はそうなんだよ
無理に男の影を排除するからおかしくなるんだよ
たまこは鈍感ってのはらしいと言えばらしい
大好きな子と一緒に博物館に行くために努力する姿は美しい
鳥は勝手気ままに祭りを楽しんでいるようでなにより

結局南極、その流れで行けなかったって視聴者に気を使ったのかそれはアカンやろ・・・
その後偶然を装い男の子の方から出会うとは落とし所としてはどうなのか
メガネかけてる方かよ!そっちかよ!ますますオタクに媚び過ぎやぞ!
現実は見た目じゃなくて中身で選ぶなんて幻想なり
こういうのを見て勘違いなさらずにという深い教訓だ

理想と妙な現実感が入り混じる奇妙な世界が出来上がりつつある
これぞ正に日常系の真骨頂である


キャスト
北白川たまこ  洲崎綾
常盤みどり  金子有希
牧野かんな  長妻樹里
鳥  山崎たくみ
北白川あんこ  日高里菜
大路もち蔵  田丸篤志
朝霧史織  山下百合恵
北白川豆大  藤原啓治
北白川福  西村知道
大路吾平  立木文彦
大路道子  雪野五月
「フローリスト プリンセス」花瀬かおる  小野大輔
「星とピエロ」八百比邦夫  辻谷耕史
「うさ湯」湯本長治  津久井教生
「ジャストミート」満村文子  渡辺久美子
「トキワ堂」常盤信彦  家中宏
「さしみ」魚谷隆  成田剣
「さしみ」魚谷真理  日笠陽子
「清水屋」清水富雄  川原慶久
「みやこうどん」白木忠直  野坂尚也

[終]たまこまーけっと |この記事のLink→04:51 | comments(0) | trackbacks(47)
1日1回 ポチッと一つお願いします! にほんブログ村 アニメブログへ

たまこまーけっと #3「クールなあの子にあっちっち」感想

のほほんとした日常が続いていく

クラス替えの季節、新鮮な気持ちでそわそわしますよね
バドミントン部の朝霧さん、典型的な寡黙メガネっ娘っすなぁ
新しい教室のロッカーって自分で直さないといけないの?備品ぐらい学校サイドで何とかしてくれよ!

朝霧さんは絶壁キャラではなくてただ単に人見知りなだけか
サブタイトルにある「クール」とはまた違うような気がするんですが
いきなりお邪魔して晩御飯まで頂くのは気を使うよね
猛烈なラブアタックをかけ攻勢を仕掛けるたまこ
感謝の言葉が中々言えず打ち解けない朝霧さんにようやく笑顔がこぼれる
誰とでも仲良くなれる才能の持ち主、たまこの前では関係ありませんでしたね

鳥の一途な片思いは正直どうでもよかった(ぇ
明確な盛り上がり・山場が分かりづらい分、視聴のモチベーション維持が辛いです。。。
ほんわか雰囲気にまったり浸かりたい時にはいいんですけどね
最後に朝霧さんの頭のポッキー風かんざしが気になって仕方がない・・・


キャスト
北白川たまこ  洲崎綾
常盤みどり  金子有希
牧野かんな  長妻樹里
鳥  山崎たくみ
北白川あんこ  日高里菜
大路もち蔵  田丸篤志
朝霧史織  山下百合恵
北白川豆大  藤原啓治
北白川福  西村知道
大路吾平  立木文彦
大路道子  雪野五月
「フローリスト プリンセス」花瀬かおる  小野大輔
「星とピエロ」八百比邦夫  辻谷耕史
「うさ湯」湯本長治  津久井教生
「ジャストミート」満村文子  渡辺久美子
「トキワ堂」常盤信彦  家中宏
「さしみ」魚谷隆  成田剣
「さしみ」魚谷真理  日笠陽子
「清水屋」清水富雄  川原慶久
「みやこうどん」白木忠直  野坂尚也

[終]たまこまーけっと |この記事のLink→01:08 | comments(2) | trackbacks(46)
1日1回 ポチッと一つお願いします! にほんブログ村 アニメブログへ
| 1/2PAGES | >>

ラジオ、始めました。
ラジオの掲示板

秋ぐらいに

放送リンク
今期アニメ視聴予定表
subcul 70がボーダー




■Fate/stay night Unlimited Blade Works
感想・考察はここ
■涼宮ハルヒの消失
感想・考察はここ



ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人さんが
毎週水曜日23:00〜生ラジオや
ポッドキャスト放送をしております
アニメについて熱く語っていたり
様々なコーナーを催しております
ぜひぜひ聞いてみてください!

カレンダー
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>
アーカイブ

OTHERS


TOPにある画像はフリー画像より
利用させて頂いています
著作権につきましては
著作権者に帰属します
2007/03/15開設
前サイト2005/10/4開設




相互リンク大募集!ブログパーツ
TB・コメントも気軽にどうぞ
プロフィール
最新記事
リンク
カテゴリー
最新コメント
  • ダンガンロンパ 希望の学園と絶望の高校生 The Animation #6「CHAPTER 03 新世紀銀河伝説再び!装甲勇者よ大地に立て!(非)日常編」感想
    subcul (08/10)
  • ダンガンロンパ 希望の学園と絶望の高校生 The Animation #6「CHAPTER 03 新世紀銀河伝説再び!装甲勇者よ大地に立て!(非)日常編」感想
    名無しん (08/10)
  • [終]はたらく魔王さま! #13「魔王と勇者、真っ当に仕事に励む」感想
    アニメ調査室(仮) (07/13)
  • とある科学の超電磁砲S #8「Item(アイテム)」感想
    subcul (06/02)
  • とある科学の超電磁砲S #8「Item(アイテム)」感想
    AlanSmithee (06/02)
  • とある科学の超電磁砲S #8「Item(アイテム)」感想
    subcul (06/01)
  • とある科学の超電磁砲S #8「Item(アイテム)」感想
    サルサ (06/01)
  • リトルバスターズ! #24「鈴ちゃんが幸せならわたしも幸せだから」感想
    subcul (03/25)
  • リトルバスターズ! #24「鈴ちゃんが幸せならわたしも幸せだから」感想
    東洋 (03/25)
  • たまこまーけっと #11「まさかあの娘がプリンセス」感想
    subcul (03/21)
最新トラックバック
"カウンター"
[PR] <自動車保険 比較>